なんとかしたい!ほうれい線!老け顔シンボルの撃退法

率直に質問しますが、ほうれい線をしわだと思っていませんか?実は、ほうれい線はしわではありません。ほうれい線は老化によってできるものではなく、ヒトのある癖によってできてしまいます。ほうれい線も小じわと同様に笑うことで作られるものでもありません。実は筋肉の使い方が大きく関係しているのです。確かに大きく口を開けて、思いっきり笑うと、ほうれい線が強調されるように見えますが、これは、くっきり出ているだけであって、ほうれい線の原因とは関係ありません。反対に笑う時に使う筋肉を思いきり動かした方が、ほうれい線の予防・対策にもなりえます。気にせず思いきり口を開けて笑いましょう。無表情でいる方が、よぼどほうれい線を作ってしまうことになります。表情豊かに笑顔で明るく笑っていることが大切なんです。多少のしわも隠してくれて、見た目年齢がグッと下がるに違いありません。しわやたるみを眺めて、どんよりしている方が、老化を招くことになるのです。気持ちが若いと若く見えるというのは、本当のことなのです。とはいっても、やはりできてしまったほうれい線などの老化現象を見過ごすわけにはいきませんよね。表情筋を普段から使うことで鍛えられ老化現象の現れ方が違ってくるのは確かです。でも、毎日を楽しく笑いながら過ごしていても、年齢を重ねるごとにしわが深くなってしまうのは確かです。ほうれい線をよくよく観察してみると、左右が対象でないことがあります。これは生活習慣の違いによって差が出てきていることを表しています。一番の原因は、就寝中の体の向きです。眠っている時間に顔がうける重力が関係しています。恐らく幼いころから習慣化した体の向きの影響がほうれい線として表れているはずです。体の歪みなどとどうように、こうして顔にも重力の影響があらわれているのです。右半身を下にする人、左半身を下にする人などがいると思いますが、下にしている方のほうれい線のほうが短くなります。考えてみれば、確かに上にしている方がの頬が、鼻の方へ引き下げられますよね。その際、しわが深く寄っているのを確認することができます。無意識のうちに習慣化しているものなので、改善しにくいのですが、どちらかの方向へ偏らないことが大切です。同じ向きばかりの体制で寝ないように心がけましょう。横向きで眠る場合は、首のねじれなども関係し、その影響が顔に現れる可能性もあるので注意が必要です。細かな点ですが、こうした小さな習慣から改善していくことで、ほうれい線の予防や改善を試みることができます。小さな習慣、毎日の継続したケアがとても重要になるのです。

リマーユプラセラ原液 口コミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする