老化の自覚と始まりとはいつからなんだろう?

最近小じわが増えてきたように感じたり、眠っても疲れが取れなくなってきたような自覚があると、老化を意識する人は多いと思います。若いころのように無理が効かなくなってきて、改めて自覚する人もいるでしょう。女性は、出産を機に「もう若くはない」と自覚される方もいるかもしれません。しかし、そんな方々の多くは、若いころの自分に戻りたいと思っているはずです。若いころとは明らかに違う自分を認めざるを得ない老化とは、いつから始まっているのでしょうか。人間は、自覚し始めたころから老化という訳ではなく、そもそも生まれた時から老化は始まっています。人間は成長に伴い、古くなった細胞から新しい細胞へと常に生まれ変わりながら生きています。時には、新しい細胞は補填され、老化を抑えられていることもあるでしょう。しかし、新しい細胞へと生まれ変わるスピードが遅くなったり、完全に補填されなくなったりすることで、老化現象が目に見えて表れてきます。次第に重力に逆らえなくなり、水分を保持できなくなり、水分不足が生じたり、自覚だけでなく人からの見た目でも「老けた」印象を持つようになるのです。一般的に「老けた」という印象を持たれるのは、30代から40代くらいかもしれません。子どもに「老けた」という印象をもつことはないので、ある時を境目に「老けた」印象へと変化することは明確です。そのサインとして、しみ・しわ・たるみ・ほうれい線などがあげられるでしょう。恐らく多くの女性がこのサインを敏感にキャッチして、自分の老化を意識せずにはいられないのです。この中でも特に。ほうれい線は、人の目線がいきやすい部位でもあり、自覚しやすい老化です。ほうれい線は、小鼻の横あたりから、左右に唇の口角のあたりまでに伸びる2本の線です。ほうれい線は、他の部位のシワに比べて、しわに深さがあり、隠そうと思ってもなかなか隠せない厄介なしわです。メイクも崩れやすくなり、メイクのりも悪くなることから、「隠せないしわ」「隠せない老化」として自他ともに認めざるを得ない老化なのです。多くの女性は、しわの中でもほうれい線を気にする方が多いのはこのためでしょう。実際に、似顔絵を書こうとして時に、年齢を表そうとした場合、必ずといっていいほど、ほうれい線を書くでしょう。年齢を表しやすい一番簡単な方法が、ほうれい線を書くことなのです。さらに年齢を上げた人物像を描く時には、しわを増やして書いたり、たるみのある頬を描くでしょう。逆に、これらを描かないと、年齢に合った似顔絵は書けないということになります。つまり、若く見られたいなら、これらを顔から消してしまいさえすれば、単純に若く見えるということになるのです。この消し方に、苦悩する女性も多いことでしょう。恐らく化粧品を買ったり、エステに通い詰める方みいるかもしれません。美容グッズを試してみたい方もいるかもしれません。食事やサプリメントで消す方法を模索されている女性もいるかもしれません。女性なら、これらのどれか一つくらいは試したことがあるはずです。しかし、宣伝文句に踊らされ、本来のしわ・たるみ・しみ・ほうれい線・しわの原因を知らずして試しているのではないでしょうか?これらの原因と正しい改善策でなければ、本当の意味での「消す」ことにはならないでしょう。なんとなくやっているだけでは、決して結果はでないものなのです。自分で感じる老化の原因を知り、何を変えると改善できるのか、正しい方法を知ることがとても大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする