目の下にクマができるのはなぜ?メイクで隠せない疲労顔の理由

目の下にクマができることを嫌がる女性は少なくありません。老化現象とは違いますが、やはり女性にとっては必要のないものです。そもそも目の下のクマは何なのかもよく解らない人も多いかもしれませんが、クマとは部分的に血行の循環が悪くなっている状態のことです。鼻や目の周りが紫色になっているのを見つけたら、腎臓に何かトラブルが起きていないことを確認する必要があります。腎臓は老廃物を胎外や排出させる役割を担っています。他にも、体液の浸透圧の調整や、水分の排出、体にとって有害な物質の排出機能や、血液のろ過機能としての役割があります。なので、腎臓が機能していないとこれらの働きが鈍り、血液の循環が悪くなってしまうことが考えられるのです。目の下にクマが表れているのは、血液の循環が滞っている可能性があるのです。他にも、冷え性や睡眠不足など生活習慣の問題によって健康状態が損なわれ、腎機能が低下し、結果として血液の循環が悪くなり、顔に現れている可能性があります。疲れるとクマができるということを聞いた方も多いと思いますが、つまりは、腎機能が低下していることから、表れている症状なのです。また、原因として意外なところではセックスの回数も関係しています。なぜクマと関係があるかというと、寝不足を引き起こしやすく、腎臓をよく利用するからです。では、セックスは良くないのかという話になりますが、そんなことはなく、健康にとって悪いものでは決してありません。東洋医学では、性の養生という考えがあり、ヒトが健康に生きていくことで必要な行為でもあるのです。反対に西洋医学では、健康のために良いといった考え方はありません。体の部位の中でも、2つある臓器は大切だと言われていますが、腎臓も2つ備わっており、生命維持のために重要な役割をしている臓器です。セックスの数が多くなると、腎を使いすぎ、さらに寝不足が重なり、クマの症状として現れます。クマの症状が老け顔や疲れ顔に見せたり、不健康そうな印象を与えてしまうのです。東洋医学では、五臓六腑の五臓のなかでも、特に腎が重要であると言われています。腎とは腎臓のことだけをさす言葉ではありません。泌尿器・生殖器・腎臓などをまとめて腎と呼ばれています。腎は、他の臓器の機能に密接に関係し、腎の機能が低下している状態(腎虚)になると、さまざまな衰えの症状が現れるのです。そのうちの1つが老化であり、疲れやむくみ、腰痛、しびれなどの症状、老人に多い頻尿や排尿困難も腎虚によるものだと考えられます。おおよそ腎虚の状態になると顔に現れることが多く、顔を見れば、その人の生活スタイルなども垣間見えることでそう。お酒好きでよく飲む人は、目の下が腫れぼったくなる、つまり水分が溜まりる症状が現れます。涙袋が大きい人は、水分多過が考えられるため、今後クマやたるみが現れてくる可能性が高いのです。生活習慣が美に直結しているといっても過言ではありません。食事の摂り方、セックス、睡眠など、顔の印象を変えてしまうかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする