好きな甘いものと肌の老化の関係性とは?たるみが悪化するって本当?

女性は甘いものが好きな方が多いですよね。甘いものを食べるのが習慣になっている人も少なくはありません。最近は女性だけでなく男性も甘いものを好む方が多いです。実は、甘いものは、全てのエネルギー源になるため、欲するのは自然なことなのです。糖分は脂肪を排泄するために重要でもあるため、必要であるには変わりありません。しかし、甘いものと肌の老化とは密接に関係していることをご存知でしょうか?実は糖質がお肌に与えている影響が大きいのです。厳密には、お菓子だけが糖質ではありません。日常の食事の中にも糖質であり、主食であるご飯にも含まれています。甘いもの、すなわち糖質が無ければ、頭も体もエネルギー不足になってしまいます。ではなぜ老化に関係しているかというと、糖質が体内に入ると、体内のたんぱく質と糖質が結び付き、タンパク質が劣化してしまいます。これが溜まってくると、女性にとって嬉しくない働きをしてしまうのです。この時にたまる劣化したタンパク質のことをAGEsといいます。AGEsは、血管をもろくさせ、顔のお肌だけでなく全身の老化を促進させてしまうのです。血管の老化が始まると命にかかわるような健康にも害がおよぶことも少なくありません。決して糖質自体が悪いわけではありませんが、一定量を増えてしまうと糖化が生じやすくなり、若さや健康を脅かす存在でもあるのです。ケーキやスナック菓子を摂取すると、血糖値が上がりますが、通常、運動や活動することによってエネルギーに変換され、少しずつ下がっていきます。食事の後も必ず血糖値は上昇するのですが、下がらない状態が続けば続くほど、AGEsが溜まりやすい状態になってしまうのです。なにげなく毎日摂取している清涼飲料水にも糖質は多く含まれています。美しい肌でいるためには、高血糖の状態が続かないように心がける必要があるのです。よく悩むところで、甘い果物はどうかという点ですが、果物にも果糖が含まれているため、過剰摂取は厳禁です。しかし、多くの果物にはクエン酸が含まれており、クエンさんは糖化を抑制する働きが期待できるため、一概に悪いものという訳ではありません。なんでも適度に摂取することが大切です。糖化を予防する方法としては、バランスのとれた食事をとり、間食を控えめにすることや、血糖値が上がりにくい食事・食材を選ぶことが肝心です。また、食物繊維が多く含まれている野菜も積極的に摂取することで、糖質の吸収を抑えてくれます。さらに、糖をエネルギーに変えるために、毎日適度な運動が必要でしょう。プラスαとして、最近では糖化を防いでくれるサプリメントやお茶などが販売されています。カモミール茶などもその一つです。たるみの原因は加齢だけでなく紫外線のダメージや乾燥によるものもありますが、この老化を促進させる糖化についても気を付けておきましょう。甘いものは悪ではありませんが、自分の日常生活スタイルに合わせてバランスよく摂取しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする