上まぶたのトレーニングが重要?老け顔の癖を修正して改善しよう!

歳と重ねても顔のたるみやシワがなく、魅力的な表情をしている女性がいますよね。そういう人とそうでない人との違いはどこにあるのか気になります。実は、表情には自分でも気づかない癖があり、それが顔の筋肉のバランスに影響しています。良い影響を与えている場合はいいのですが、これが老け顔の原因にもなりかねません。会話をする際や、ご飯を食べる時、笑う時、眠っている時、人間はいつもどこかの筋肉を使っているものです。この使い方に悪い癖があると、どこかしらの皮膚を引っ張りながら時間を過ごしていることになり、シワやたるみの原因を作ってしまうのです。口角やまぶたや目じりが下がると、お化粧などでは隠し切れず、老け顔の印象が強くなってしまう可能性があります。顔の筋肉を使ってトレーニングしようとしても、そもそも自己流の癖があるため、かえって逆効果になることがあるので気を付けなければなりません。40代、50代から気になってくるまぶたのたるみや、口角も、正しいトレーニングで正しく癖付けてあげると、黄金比率の位置に固定し、魅力的な顔筋バランスを手に入れることができるのです。例えば、上まぶたを上げる筋肉の代わりに、眉毛を上げる筋肉ばかりを使用しているケースがあります。このような人は、上まぶたや目の下のたるみを作ってしまいがちになるのです。おでこに手を置いて目を見開いてみて下さい。その際に、おでこが動くようなら、目のまわりの筋肉バランスが崩れているか、上手く使えていない証拠です。目の上の筋肉は、まぶたを開ける時に使用する重要な筋肉です。その筋肉が衰えてくると、おでこの筋肉で補おうとするのです。この場合、目の上の筋肉が衰えてまぶたがたるんだり、下がったりすることだけでなく、おでこや眉間のしわも作りやすくなってしまうのです。鏡を見ながら目を見開いてみてください。その際に眉毛が上に上がらないように、目を見開けるようになることが必要です。これを意識することで、上まぶたのたるみを改善し、眉間やおでこのシワの改善につながります。上まぶたのトレーニングとして、片手の手のひらを眉の上からおでこを覆うようにおきます。もう一方の手の指で上まぶた外側のまつ毛の根元を押さえて目を閉じます。指でまぶたを持ち上げおでこを動かさないようにして目を開きます。そうすると、おでこの筋肉ではなく目の周りの筋肉を使っていることが感じられるはずです。これを繰り返し毎日行うとおいでしょう。慣れないうちは、おでこを手のひらで押さえ、眉毛やおでこの筋肉が動かないように固定させることを意識しながら練習すると良いでしょう。おでこを動かさないことがポイントです。上まぶたのたるみを解消できるリッドキララというアイテムがありますが、これは、上まぶたを癖付けしてくれる商品です。これを使用しながらトレーニングするとさらに効果的です。

リッドキララ口コミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする