肌のバリア機能を高めるスキンケアとは?本来の肌の役割を知ろう!

人間の肌は、非常に優秀で、温度の変化や紫外線、乾燥などの外的刺激から全身を守る機能を備えています。刺激があれば、肌を守るために防衛機能が働くのです。例えば、お風呂で体をゴシゴシと擦ると、皮膚が硬くなったり、紫外線を浴びれば、メラニンを作って肌を守ろうとするのは防衛反応です。肌の美しさを求める女性にとっては、納得のいかない反応かもしれませんが、これは人間の生命を維持するために必要なことなのです。また、肌の表面に付着したものが、大切な体内に侵入しないように防ぐのもこのためです。肌の構造的に幾重にも積み重なってガードしているのも、害のあるものの浸透を防ぐのも肌の防衛機能ゆえのことです。これから解るように、そもそも肌は吸収するための器官ではありません。親油性のある成分はある程度は浸透すると言われていますが、全ての化粧品が浸透するというわけにはいかないのも事実です。しかし、エッセンシャルオイルなどは、ある程度のへの浸透が可能で、その成分が血中まで到達するという報告が実際にあるようです。このような肌の性質から、現代のスキンケア商品は、肌のバリア機能を破り、成分をいかに浸透させるかに焦点をあてて開発が進んでいます。確かに成功している商品も存在していることは確かですが、この肌の生理に逆らうことは、肌のバリア機能に逆らうことにもなり、肌本来の力を高めることにはなりません。例えば、シミの原因であるメラニンの生成を妨げたら、紫外線の害はどのように防ぐのか疑問です。シミは出来ないけど、肌自体に害になることはないのでしょうか?デメリットも必ず出てくるはずです。その点、肌の本来のバリア機能が正常に作用している美しい肌を目指すことが、一番健全な美しさを手に入れられるはずです。自然に逆らわないケアは、時間を要することは仕方がありません。肌自身の力を高めるケアとどちらが良いのかは、自分で判断するしかありません。肌の表面に皮脂や汗、垢などが残っていると、肌は色々なトラブルになってしまいます。代表的なのはニキビですが、アトピー肌などでも痒いといった症状を引き起こしかねません。肌のバリア機能に伴いながらのケアというのは、こうした肌表面の汚れを排泄を援助してあげること。つまり洗顔を重視したスキンケアが大切だと言えます。毎日の洗顔に肌タイプや年齢は関係ありません。代謝の良い肌であれば、自然と肌表面に薄い膜のバリアを張ることができます。そして、必要のない膜だけ洗顔で剥がして、次の新しい角質を表に出せます。この繰り返しで、透明のある美しい肌をキープすることができるのです。

pgcdの口コミ・体験談はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする