美魔女が選ぶお水?!アンチエイジングに関係あるの?

日本の水道水は、諸外国に比べとても衛生的です。消毒をきちんとされていますが、環境汚染が進む川の水を取り込んでいるため、どうしても塩素の濃度が高くなってしまうことが問題になっています。

塩素は微生物を分解するためのものですが、発がん物質を発生することも気になります。これは、微生物を分解する際に発生するトリハロメタンによるものです。川などの水には、植物が枯死し、分解したときにできる腐植質や有機物質が含まれています。そのため塩素を使わないわけにはいかないのです。トリハロメタンは水質基基準値以下であれば問題ないとされています。

しかし、この塩素を含む水道水で米や野菜を洗うと、ビタミンの量が減少するというデータもあるため、美容にとっても、良いものとはいえないでしょう。アンチエイジングに気を遣う女性は、浄水器を利用している人も多いようですが、飲む用の水には、ミネラルウォーターを利用するのがベストです。

人間の体のことを考えると、あまりアルカリ性が強くないpH6~8くらいばベストだと言われています。水のミネラルは無機ミネラルのため、水からミネラルを吸収するというのは、得策ではありません。飲んでも体に吸収されにくいため、デトックスのために利用すると良いでしょう。その際は、軟水を選ぶことがポイントです。

では、理想のミネラルウォーターとはどのようなものなのでしょうか?長寿地域にある水には、いくつかの共通点があります。表面張力が低く、界面活性力があること、さらに酸化還元電位が高くないことがあげられます。さらに、微粒子のシリカや水素イオンが多いことも共通点です。できるだけ、この条件に合ったミネラルウォーターを選ぶと良いでしょう。美魔女は理想のミネラルウォーターの選び方を知っています。毎日、摂取するものだからこそ、手を抜けないのは当然ですよね。